ドロシーみきこ


dorothymikiko 千葉県生まれ、熊本県育ち、福岡県大牟田市在住
バイオリニスト、作曲家

大牟田に住むようになったのは炭鉱閉山後であり
福祉施設等に勤めながら週末に町おこしや演奏活動をしていたが
2010年ドロシーみきこ音楽事務所を設立
同年CD「百十四年の息吹」が全国発売された

2015年には大牟田市の世界遺産登録を祝して組曲「世界遺産」を作曲、CDも発売

また2018年4月には大牟田市の篤志家の依頼による初のオーケストラ曲「新世界遺産・大牟田」を作曲、地元明光学園のオーケストラ部と福岡西陵高校管弦学部の合同オーケストラで初演、同年11月には高文連の県大会でも演奏される

閉山後の大牟田や、全国の方々へも元気を届け
また元気をもらおうと思い立ち、演奏・作曲業務の合間を縫って
全国全ての自治体をまわる
「元気のバトン 全国1750市区町村バイオリン行脚」を実施中

ソロ活動の他
◎アンサンブルカメリア(バイオリン&ピアノ)

◎ドッジカルテット(弦楽器と管楽器のジャズバンド)

 などで活動中


レッスンについては、大人になって初めてバイオリンに触れる方々を中心に好きな曲(ジャンルを問わず)を弾けるようになるまで、またステージで弾くことを念頭に置きながら独自の視点で、根気強く教えている

スカイプレッスン講師(原則大人の方のみ)、
親子のための一週間バイオリンレッスン(動画配信)、
楽器店講師など